Blog

厳冬期をむかえています。

 1月も半分をすぎました。

 

1月、2月は最も寒い時期。

日本最低気温の記録「-41℃」が観測されたのも明治35年の1月25日、

ちょうどこの時期でした。

旭川でも、特に天気の良い日の朝は-20℃近く下がる日もでてきました。

外に出るとダイヤモンドダストと樹氷の景色に、毎年見ていても感動してしまいます。

それでも、外に20分も出ていればどんなに防寒対策をしていても手足がしびれる寒さで、

近くを散歩することもままなりませんでした。

 

先日、少し寒さが和らいだ日に、久しぶりに嵐山の麓の北邦野草園の様子を見てきました。

川は凍り、すっかり雪に埋もれていましたが、スノーシューやスキーで

散策している方にも何度かすれ違い、みなさん冬を楽しまれているようです。

せっかく雪の多い地方に住んでいるのなら、楽しまないといけないな、と感じました。

 

遊歩道の除雪はきれいにされていて、とてもありがたいです。

 

遊歩道冬

 

遊歩道冬2

 

嵐山はすっかり雪の中ですが、除雪されている部分もありました。

嵐山冬1

 

おさらっぺ川には氷が張っています。

おさらっぺ氷

 

寒い時期ですが、ぜひ遊びにきてくださいね。

大雪窯は冬期間も無休でオープンしています!

 

 

今年の干支 戌

 

2018年が始まって一週間が過ぎました。

今年の干支は戌です。

毎年干支の小さな置物を製作しておりますが、今年の戌は箸置きにもなります。

お客様からとのお話から、少しづつ改良して出来上がりました。

 

耳の形が2種類です。

image

 

箸置き、尻尾付きは立てます。

image

 

窯のギャラリーのほか、札幌の芸術の森で開催中の展示会でも、

一個1,296円にて販売中です。

 

戌年の方、犬好きの方、ぜひどうぞ!

 

 

新年あけましておめでとうございます。

2018年、新年あけましておめでとうございます。

本年もみなさまにとって幸多き一年となりますように。

 

今年は雪の多いお正月を迎えましたが、年末年始は晴れとはいかないものの

穏やかに過ぎていきました。

本州では初日の出がきれいに望めたようですね。

清々しい一年のはじまりになったことと思います。

 

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

札幌芸術の森美術館にて「北の手仕事 ライフストーリーズ」開催中

昨日より札幌芸術の森美術館の工芸館にて「北の手仕事 ライフストーリーズ」が開催中です。

 

さっそく会場の様子をみてまいりました。

image

 

image

 

image

 

image

 

道内在住の9名の作家さんの作品が展示、販売されています。

木工テーブルウェア、漆やアクセサリー、染めものなど、作品とともに

作り手の思いや作品にまつわるエピソードも展示されています。

ぜひじっくりご観覧ください。

12/2(土)〜2/25(日)まで開催しております。

長期間開催ですので足を運んでみてくださいね。

 

なお、12/17(日)までは美術館にて「木彫家 藤戸竹喜の世界」が開催中。

アイヌ民族の彫りの技術を受け継ぐ北海道を代表する木彫家、

藤戸竹喜さんの初期作品から今年製作されたものまでを一同に見ることができます。

こちらもぜひ、おすすめです。

 

image

 

 

image

 

 

image

 

 

 

 

 

雪が積もりはじめました。

先週末は奈良にてケイズクラブマルシェに参加させていただきました。

ご来場いただいたお客様には、誠にありがとうございました。

久しぶりにお会いするお客様とのお話や、他作家さんのワークショップにも参加させて

いただいたりと、盛りだくさんの楽しい2日間でした。

奈良もすでに秋が深くなって寒く感じましたが、旭川に戻るとすでにうっすらと雪が・・・

そして今朝起きてみると外は一面雪景色となっていました。

 

今季初めてのゆきだるま登場です。

 

SONY DSC

 

庭も一面雪景色。

SONY DSC

 

日中は暖かく道路の雪は融けましたが、明日は一日降雪の予報です。

いよいよ根雪になるのか・・・4月まで長い長い雪の季節です。